マシニングセンタでの穴加工では切粉を考慮し、工具選定を行う。

マシニングセンタでの穴加工では切粉を考慮し、工具選定を行う。

マシニングセンタでの穴加工では切粉を考慮し、工具選定を行う。 BEFORE BEFORE

深さ2.5D以上のタップ加工を行う場合には、ドリルの形状によっては、切粉がドリルの目に詰まるために加工中に工具が折れるといったことが発生しがちです。

▼
マシニングセンタでの穴加工では切粉を考慮し、工具選定を行う。 AFTER AFTER

そこで、深さ2.5D以上の穴加工を行う場合には、転造タップを使用することで対応しています。この結果、2.5D以上の深穴加工でも工具が折れることはなく、加工が可能となります。当社の製品は、材料支給で対応をする場合も多く、お客様にご迷惑をかけることなく、短いリードタイムで製品提供が可能です。

精密旋盤・薄肉旋盤加工.COMでは、マシニングセンタも保有し、さまざまな加工が可能となっています。当社の得意とする旋盤物への追加工で使用する場合が非常に多くありますが、工具選定を見誤ると加工中にワークに傷をつける等、問題が発生しがちです。そこで、当社では過去の図面データとともに工具をはじめとする加工条件をデータ化することで、最適な工具選定を行い、不具合なく、製品提供が可能です。