旋盤加工 短納期サービス
旋盤加工 短納期サービス

特注金属シール部品製造.COMが提供する、旋盤加工 短納期加工サービスページです。1917年の創業以来、当社では長く旋盤加工技術を醸成してきました。当社の提供価値は、旋盤加工技術にあり、形状・精度の厳しい案件を得意としており、他社ではできない旋盤加工をお客様に評価いただいています。

旋盤加工・汎用旋盤加工で、このようなお困り事はありませんか?

多種多様な旋盤加工案件の依頼が来ており困っている…

多種多様な旋盤加工案件の依頼が来ており困っている…

多種多様な旋盤加工案件の依頼が来ており、当社では製造を担うことができず、困っている…

高い幾何公差への対応可能な企業が欲しい…

高い幾何公差への対応可能な企業が欲しい…

内径部分に鏡面仕上げを求められるなど、精度の高い製品群ばかりが依頼されてきており、困っている…

短納期対応が可能なサプライヤーを探している…

短納期対応が可能なサプライヤーを探している…

試作案件にスムーズに対応可能な企業を探しており、出図から1か月以内での対応可能な企業を探している…

このようなお困りごとは特注金属シール製造.COMにお任せください!

旋盤加工実績をご紹介

特注金属シール部品製造.COMで過去加工を行った旋盤加工事例について紹介しています。下記に事例の一部をご紹介しています。
内径鏡面仕上げ!高精度薄肉スリーブ(材質:SUS304)

内径鏡面仕上げ!高精度薄肉スリーブ(材質:SUS304)

ステンレス(SUS316)製薄肉スリーブ、内径鏡面仕上げ品です。 本製品のサイズは、φ100mm×φ89mm×220mmで、片側にインローの段差があります。 加工におけるポイントとしては、写真にある通り、内径を仕上げた後、ホーニング加工、バフ研磨加工で鏡面に近い状況まで仕上げた点です。 本製品は、設備の充填の際のシリンダーになるとのことで、流体物が金属の目につまらないように鏡面に近い状態まで磨き上げ、 内径部の面粗さを高い精度まで追い込んでいます。

ステンレス製旋盤加工

ステンレス製旋盤加工

プラント業界向けのジャケット仕様ケーシングです。 材質はSUS304 大きさはφ260×250 外周に巻きパイプで覆ってジャケット仕様になっております。 ご覧のように溶接が施されており、完成後に空気圧検査まで施工されています。内径部にベアリングの入るG6公差があるのですが、 端面から長い位置であるのと、外径を固定振れ止めで受けての加工になります。

ステンレス製 ロックナット

ステンレス製 ロックナット

今回ご紹介させていただきます製品は、ステンレスSUS630製 ロックナットです。
素材は熱処理材で、H1025 硬度が固めの素材です。
大きさはφ190×15 業界はプラント業界向けです。
内径にネジ加工がされており、締付用の切り欠けが6か所加工されています。
なんでもない加工のようですが、外径の切り欠け、肉厚薄いためのひずみが生じ、汎用旋盤対応になります。
このような薄肉加工は汎用旋盤対応が最適です。

ステンレス製 薄肉旋盤加工-スリーブ-

ステンレス製 薄肉旋盤加工-スリーブ-

析出硬化系ステンレス、SUS630H900の薄肉スリーブです。本製品のサイズとしては、φ32×60であり、最小肉厚が1.4mm両サイドに鍔付きで、鍔に切り込みが入っております。当社の扱っている製品の中でも肉厚の薄い製品の一つと言えます。

本製品は、析出硬化系のステンレスという素材を用いており、本素材の特性として熱処理されているために硬度が上がっていて、削りにくい灘削系に属します。
耐食性では、SUS316材に劣りますが、硬度が非常に高い為、プラント設備などの部品一つの強度が求められる特殊環境下で使用されます。

S45C旋盤加工品-薄肉スリーブ-

S45C旋盤加工品-薄肉スリーブ-

サイズは、φ375×300 内径φ320、最小肉厚12tのチューブ形状となっています。

加工における特長としては、内径部において肉厚12mmとしている所に、8mm幅のR溝が等ピッチ加工がされている点が挙げられます。(※半径分の深さ4mmで7本ほど加工されています。)
本製品の加工は、薄肉の壁面に旋盤で溝加工を行っていることから、非常にビビりが生じやすい形状と言えますが、自社製の治具などを駆使し、加工対応することで精度ならびに品質を担保することが可能となります。

ステンレス旋盤加工品‐多数穴あきフランジ‐

ステンレス旋盤加工品‐多数穴あきフランジ‐

製品における特長として、たくさんのヒーターが入る穴加工を行っている点が挙げられます。この穴加工は、昨年当社で導入したスピンドルスルーのマシニングセンターでの加工対応が可能となっています。
また、その後の合わせ面の加工も旋盤による2次加工での仕上げ加工が可能となっています。
当社は旋盤加工を得意としていますが、本旋盤加工品のように、マシニングセンタを組み合わせた、精密旋盤×マシニングセンタの複合加工につきましてもご相談くださいませ。

ぜひ、ご覧いただきたい技術資料のご紹介

 

本サービス3つの特長!

NC普通旋盤を活かした加工技術

NC普通旋盤をメインにマシニング・3次元測定器など各種設備を取りそろえ、高精度薄肉旋盤加工に対応しています。当社の製造している製品は、グランドプレート(メカニカルシール)、リテーナー(ガスシール)、スリーブ、ディスク、アダプタ・フランジ、ケース・キャップ・カバー、リングなどの製造を行っており、エネルギー関連や化学・薬品関連向けに対して機械部品の製造を数多く行っています。

NC普通旋盤を活かした加工技術

得意とする機械加工技術

弊社は大正6年創業以来、機械加工一筋100年以上も専念してまいりました。最も得意といたします加工領域は、ステンレス、難削材の手のひらサイズ以上大体φ500までの丸物の精密旋盤・薄肉旋盤加工品です。ご対応可能な素材はステンレス全般、チタン、インコネル、ハステロイ、アロイ等の難削材系が多いですが、銅、真鍮、アルミ、鉄、鋼、特殊鋼などの素材のご対応もさせていただきます。現在お取引実績があるフィールドはプラント関連精密部品(メカニカルシール、ガスシール)、真空撹拌機部品、理化学機器部品(光学顕微鏡関連)、半導体製造装置関連部品、原子力関連部品、医療機器部品、車輌部品、航空機装備品部品、大学研究関連開発部品等、数多くの実績を積んでおります。汎用旋盤から立ち上がった弊社は精密旋盤・薄肉旋盤、丸物の仕事を最も得意とし、一個単品からの対応も可能です。最新のNC機械(NC旋盤・マシニングセンター等)を導入しておりますが、まだまだ汎用機を駆使して加工する部品が多々ございます。若い技術者の育成に力を注いでおり「職人的加工技術と最新NC加工技術の融合」という方針を掲げ、日々技術の研鑽に努めております

得意とする機械加工技術

20℃で温度管理された恒温室環境下で検査保証

各種工程を経て、製品が完成いたしますが、社内の全ての工程において、「次工程はお客様」の意識をもつエンジニアが品質管理の徹底を図り、受け持つ工程において図面に忠実な製品を加工し、次工程へと受け渡しております。その際、受け持つ工程においては各種現場用測定機を用い、工程内検査の徹底を図っております。また、出荷前最終検査におきましては、20℃で温度管理をされた恒温室内にある、3次元測定機を用いて、公差指定箇所については全数検査を行います。必要とあれば、下記画像のイメージにある検査表フォーマットでの提出も可能です。

20℃で温度管理された恒温室環境下で検査保証

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

メールでお問い合わせはこちら 特注金属シール製造.COM
お電話でのご注文・お見積もりはこちら 06-6939-8519

よくあるご質問

旋盤加工における、対応可能ロットはどの程度になりますでしょうか?

特注金属シール部品製造.COMで、対応可能なロット数は、1個~10個程度の小ロット品となります。当社の製品は、プラントや装置部品などにおいては、都度、設計が入り、単品小ロット生産を行うものばかりです。

その分、1個当たりの単価は高くなりますが、その分の精度・品質を担保した製品の提供がお約束できます。小ロット・高精度の精密旋盤加工品は、お任せください。

薄肉旋盤というのはどのような加工でしょうか?

当社が手掛ける薄肉旋盤加工というのは、軸方向に対して垂直な方向に対する製品の厚みを指します。一例をあげるとすると筒状のカバー品などがあり、数ミリ~数センチの側面の製品を加工した実績があります。
当社が手掛ける、この薄肉旋盤加工品というのは、側面(側壁)が薄いというはもちろん、その厚みに対して寸法公差で±0.01mmの指定があり、また、同軸度等の幾何公差においても0.01程度の精度指示がある点が特長として挙げられます。これらをなぜ当社ができるのかというと、それは当社が保有する加工ノウハウに要因があります。機密事項の為、公開はできませんが、このノウハウがあることで国内においても他社ではまねができない、高精度の薄肉旋盤加工が可能となっています。

対応可能なサイズはどの程度になりますでしょうか?

特注金属シール部品製造.COMで対応可能なサイズならびに材質については、下記に紹介しています。当社で精度保証が可能な製品サイズとしては、最大φ500mmまでとなっており、最小値としてはφ50mmとなります。

当社の特注対応可能なメカニカルシールのサイズと材質

長さとしては、L1,000mmまで対応が可能です。しかし、加工の仕様や材質により若干の変更はありますので、加工を行いたい製品のサイズならびに、精度についてご相談いただける場合には、図面と共にご連絡をお願いします。

 

サービス提供までの流れ

STEP1お問い合わせ

本ページのお問い合わせフォームから、もしくはお電話にてお問い合わせください。

特殊金属シール製造.comを運営する中川鉄工株式会社は、本社を大阪府大阪市に構えています。プラントメーカー向けに長くシール部品の製造実績があり、このほかにも、化学製造装置メーカー・薬品製造装置メーカーに向けて金属シール部品の製造実績があります。お困りの案件がありましたら、お問い合わせください。

STEP2ご提案

図面通りのお見積もり・設計から、改善提案にも対応いたします。

お客様からお問い合わせいただいた内容通りに製作するだけでなく、ゼロから構想・打ち合わせを行い、設計・製作のお見積もりをいたします。またいただいた図面に対してVE提案を行うなど、お客様に合わせた対応をいたします。

STEP3お見積もり

お客様とお打ち合わせに基づき、当社営業担当から見積書を提出いたします。

お客様からいただいたご依頼いただいたお問い合わせ内容に対して、当社の担当者がお見積もりいたします。その際に、お取引条件や納入場所等、スムーズなお取引になるよう丁寧に対応いたします。

STEP4ご発注

最終的な仕様をご確認の上、よろしければご発注ください。

当社から提出させていただいたお見積もりに記載した、金額・納期・仕様・取引条件などをご確認ください。当社では、お客様からのご発注書をもって材料手配・製作を進めてまいります。

'

STEP5製作・納入

専門の設備・経験豊富な技術者によって製作・納入いたします。

ご注文いただいきました内容に関しましては、各専門のエンジニアが担当をさせていただきます。営業担当者とのやり取りだけでなく、専門家からのご提案をお約束させていただきます。お困りの案件がありましたら、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

下記フォームにご入力いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。(必須)は入力必須項目となります。必ず入力してください。

会社名(必須)
部署名(必須)
役職
名前(必須)
郵便番号(必須)
住所(必須)
電話(必須)
FAX(必須)
E-mail(必須)
E-mail(確認用)(必須)
お問い合わせ内容(必須)
図面(必須)

油圧機器向けシール部品 特注製造サービス

特注金属シール部品製造.COMが提供する、建設機械・原動機等の油圧機器で使用するシール部品の加工サービスページです。1917年の創業以来、当社ではシーリングを目的とした部品を数多く手がけており、部品同士の嵌め合いや気密性に配慮した加工品を得意としています。詳しくはページをご覧ください。

真空装置/真空ポンプパーツ 加工サービス

特注金属シール部品製造.COMが提供する、真空装置・ポンプの組み込み部品の加工サービスページです。1917年の創業以来、当社ではシーリングを目的とした部品を数多く手がけており、部品同士の嵌め合いや気密性に配慮した加工品を得意としています。詳しくはページをご覧ください。

半導体製造装置部品 加工サービス

特注金属シール部品製造.COMが提供する、半導体製造装置向け部品加工サービスページです。1917年の創業以来、当社では長く難削材の加工を数多く手掛けてきました。当社の提供価値は、旋盤加工技術を活かし、難削材への形状・精度の厳しい案件を得意としています。

ハステロイ加工 サービス

特注金属シール部品製造.COMが提供する、ハステロイ加工サービスページです。1917年の創業以来、当社では長く難削材の加工を数多く手掛けてきました。当社の提供価値は、旋盤加工技術を活かし、難削材への形状・精度の厳しい案件を得意としており、他社ではできないハステロイ加工をお客様に評価いただいています。

旋盤加工 短納期サービス

特注金属シール部品製造.COMが提供する、旋盤加工 短納期加工サービスページです。1917年の創業以来、当社では長く旋盤加工技術を醸成してきました。当社の提供価値は、旋盤加工技術にあり、形状・精度の厳しい案件を得意としており、他社ではできない旋盤加工をお客様に評価いただいています。

耐食鋼・耐熱鋼部品 受託加工サービス

特注金属シール部品製造.COMが提供する、耐食鋼・耐熱鋼 受託加工サービスに関する紹介ページです。当社では、様々な耐食鋼・耐熱鋼の加工実績があり、ステンレス316(L)をはじめ、チタン・ハステロイ・インコネルなどの材質に対して、対応が可能となっています。